ニッポンの数字ブログ

統計情報のポータルサイト「ニッポンの数字」の開発日記。

JavaScriptを通じてわかった文字の型の重要性

JavaScriptに限らず、プログラミングをやっていると、このデータは数字なのか文字なのかと必ず意識する。ようやく自分のやりたいことをプログラミングで表現できるようになり、「データの型」の重要さを痛感するようになった。

自分はプログラミング初心者なので、これがプログラミングの王道なのか定かではないが、プログラミングをしていると、とにかく変数を多く使う。変数というのは、数学の文字式に出てくる「x」や「y」のことだ。

この変数に入っているデータが文字型なのか数字型なのかがとっても大切。なぜなら、文字型にしか適用されない関数、あるいは数字型にしか適用されない関数があるからだ。これはエクセルにも言えることなので、エクセルで関数を使いこなせる人には馴染みがあることだと思う。

プログラミングをしていると、「ちゃんとコードを書いたのに動かない」といったことがしょっちゅうある。そこでGoogle Chromeのデベロッパーツールでコードにエラーがないか確認し、その原因が数値として処理していたデータが文字列だったということもめちゃくちゃある。

HTMLの数字を変数に代入しても、それは数字ではなく文字列として認識される。だから、console.logで確認すると、"1234"のように、ダブルクオーテーションで数字が囲まれているはずだ。

見た目は数字では、データの型が文字列なので、これでは足し算も引き算もできない。数字として認識するためには、Numberオブジェクトで「Number(1234)」と囲う必要がある。

自分の場合、JavaScriptにおけるプログラミングのエラーは、半分以上がデータの型についてだ。「動かない…(泣)」という事態に陥ったら、データの型を確かめてみるといいかもしれない。灯台下暗しで、案外上級者でも見落としていることがあるかも